うつ病の薬を使用すると驚くべき副作用がある - 邪神龍の雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病の薬を使用すると驚くべき副作用がある


うつ病のを使用すると
驚くべき副作用があるそうですね。


うつ病には様々な種類がありますが
人を責めたり怒ったり自分を責めたりといろいろとあるようですね。


普通にうつ病というのは自分を責めたり
思いつめたりする頻度が普通よりも多いと思います。


それらを改善するためのうつ病のがありますが
うつうつ病を改善する効果はあるようですが
その副作用は驚くべきものと思えます。


の種類にもよりますがうつ病の人の8割が
口の渇き、便秘、鼻づまり、排尿困難、動悸、目のかすみなど
いろいろな副作用が出るようですね。


また、眠気や全身の倦怠感などや
体重の増加などの副作用も出てくるようですね。


副作用は使用し始めた直後から出始めることが多いようで
抗うつ効果よりも先に副作用が現れるので使用する人は
不信感などを抱く場合がほとんどではないでしょうか。、


しかし、こういった副作用が出るのを恐れ
自己判断でによる治療を中断するとうつ病の薬の効果は


全く現れないばかりか、うつ病の症状を悪化して
回復までに期間が長くなってしまうこともあるようです。


薬の種類によっては多少の違いがあるようですが
抗うつ薬は少なくても1週間、通常は2~3週間服用しないと効果は出ないようですね。


心身の不調を感じる時など自分の判断で
薬を減らしたり中断することはしないで医師に相談すると良いでしょう。


うつ病というのは、脳内神経伝達物質の機能障害が関係しているようで
そういった症状などを改善し神経伝達物質の働きを回復するような薬物治療が効果的だそうです。


うつ病は、再発すると再発しやすくなるので
うつ病の薬は副作用があっても使用するしかないのでしょうね。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://jyasinryu.blog94.fc2.com/tb.php/854-657ba641

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。