オートライト義務化についてに反論する人の正体 - 邪神龍の雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートライト義務化についてに反論する人の正体


どーも、唐人です。


オートライト義務化になるそうですね。


そもそも、オートライトがどうして必要なのかは
薄暗くなってもライトを点灯しない人がいるからでしょう。


薄暗いのにライトを点灯しない車は見えにくく
衝突事故になる危険があるため
オートライトを義務化しようって話なんでしょうね。


でも、これに反論する人がいます。


オートライトを義務化にするなっていう人が
チラホラ見かけますが、一体どうしてでしょう。


オートライトとは、自動車メーカーの一部の車に
オプションとして1万円以上で販売している部品です。


なので、業者としては無料では配布したくないんでしょう。


オプションとして販売できれば
自動車の価格と別にお金が取れるわけですから。


確かに次土砂メーカーとしては「たかが1万円」と
反論する人もいるかもしれません。


しかし、その1万円が積み重なれば
大きなお金となり利益に繋がるわけですよ。


オートライト義務化で困るのは別の消費者じゃないです。


だって、困ること無いじゃないですか。


嫌なら、オフのスイッチを毎回押せば良いし
どうせ、ヒューズが付いているんだから
それを外せば問題ないわけですよ。


と、僕は思ってしまいましたが(; ̄Θ ̄A アセアセ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://jyasinryu.blog94.fc2.com/tb.php/884-7afe922a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。